スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2009年11月30日

幸島探険隊 観察記録

子どもゆめ基金(独立行政法人国立青少年教育振興機構)助成活動 じっくり観察「幸島」
『幸島探険隊』
【講師】
岩本 俊孝氏(宮崎大学教育文化学部教授)
冠地 富士男氏(京都大学野生動物研究センター幸島観察所職員)
鈴村 崇文氏(京都大学野生動物研究センター幸島観察所職員)


11月23日(月・祝)
天候に恵まれ、晴れ渡った空の下、串間市幸島にて、『幸島探険隊』を行いました。
この日は海もおだやかで、瀬渡しの船で幸島に無事上陸することができ、
まずは講師の先生方から幸島のサルについてのお話。
幸島には115匹のサルが生息し、砂浜におりてくる主グループが全体の3/4を占めるそうです。
オスには動物のなまえを、メスには植物のなまえをつけ、兄弟は頭文字をそろえるルールがあるということも教えてもらいました。


そして、幸島のサルの観察。
自分の気に入ったサルを決め、じっくり観察。
みんな同じように見えるサルの顔ですが、ちゃんと特徴を覚えれば見分けがつくんです。
参加者のみなさんの観察記録をブログの最後に掲載しています。どうぞご覧ください。


砂浜でのサルの観察のあとは、幸島の森の探険。
普段、山道を歩き慣れてないので悪戦苦闘しましたが、
道なき道を進む冒険に子どもたちは目を輝かせていました。

最後は、また瀬渡しの船に乗せてもらい、陸に上がったところで
幸島探険隊 終了となりました。


< 幸島探険隊 観察記録 晴れ くもり >
『幸島探険隊』に参加していただいた子どもたちのサルの観察記録です。


【観察者】  
きたばやし あきふみくん(小学3年生)
【観察したサルのなまえ】 ヤム(メス)
【サルの特徴】 
・はなの下にしわがある
・みみと左手の薬指にけががある
・おなかの毛がくろい



【観察者】 
さとう しんのすけくん(小学5年生)
さとう ゆいちゃん(小学2年生)
【観察したサルのなまえ】 ホッケ(オス・23才くらい)
【サルの特徴】
・かおに白い点があって手足がほそい
・たまたまがあるくとゆれていた
【サルのふんの観察】
・こむぎがたくさんはいっていた
・黒いうんちだった



【観察者】
かい ほのかちゃん(小学4年生)
かい よしひでくん(小学1年生)
【観察したサルのなまえ】 リラ(メス・1才)
【サルの特徴】
・おなかが青っぽかった
・お母さんのバイモと毛づくろいをしていた
・バイモのかげにかくれた
【サルのふんの観察】
・こ麦(黄色いつぶ)がはいっていた
・形が犬のフンににていた



【観察者】
すぎやま よしきくん(小学3年生)
【観察したサルのなまえ】 コブ(メス)
【サルの特徴】
・頭に黒いたてじま
・しぐさが人間ににていることがある  


Posted by NPO法人みやざき子ども文化センター at 18:30Comments(0)自然体験教室

2009年11月19日

ぼちぼちつくろう!がやってくる

EHILAイベントスペースに毎月やってくる『ぼちぼちつくろう!』
宮崎大学のおにいさん・おねえさんと思いっきり楽しくあそべる広場に
EHILAイベントスペースが大変身!

次回は、11月25日(水) 15:00~17:00です。
場所:みやざき子ども文化センター EHILAイベントスペース(宮崎市江平西1丁目)
対象:小学生  定員:20名  参加費:無料です!!



参加者の小学生は、おにいさん・おねえさんとたくさんあそべて楽しそうですよ。
みなさん、ぜひあそびにきてください!!  


Posted by NPO法人みやざき子ども文化センター at 14:45Comments(0)EHILAイベントスペース

2009年11月19日

白洲次郎と正子の世界展



『白洲次郎と正子の世界展』

会期 2009年11月28日(土)~2010年1月11日(月・祝)
会場 みやざきアートセンター(宮崎市橘通西3丁目)
開館時間 10:00~20:00 (入場は閉館の30分前まで)
休館日 12月31日、1月1日


白洲次郎・正子のゆかりの品、愛蔵品を展示いたします。
貴重な品々をどうぞご覧ください。
なお、みやざき子ども文化センターでは前売チケットを取り扱っております。
チケットをご購入の際はお問い合わせください。

これからのみやざきアートセンターの展覧会の予定はこちら ↓ ↓ ↓http://www.kodomo-bunka.org/2009/10/post_58.html


【みやざきアートセンター】TEL 0985-22-3115
HP http://miyazaki-ac.com/index.html

【NPO法人みやざき子ども文化センター】TEL 0985-61-7590
HP http://www.kodomo-bunka.org/  


Posted by NPO法人みやざき子ども文化センター at 13:36Comments(0)みやざきアートセンター

2009年11月13日

ジュニアアーティスト

平成21年度 ジュニアアーティスト育成事業
写真ワークショップ 「写真は心の鏡」

11月7日(土)、8日(日)に写真家の芥川 仁さんを講師に招き、生目の杜遊古館(宮崎市跡江)において写真のワークショップ「写真は心の鏡」を実施しました。
ジュニアアーティスト育成事業とは、宮崎市の文化芸術の振興を図るための一つの方策として行われているものです。芸術活動への興味を持つ人材の底辺拡大、及び技術の向上を図ることを目的に、中学生を対象に優れた指導者による研修やワークショップ、芸術活動をする仲間との交流を行います。



「写真は心の鏡」では、宮崎市内から集まった中学生15名が生目の杜遊古館に宿泊し、講師の芥川さんから写真についての講義を受けました。芥川さんの写真への想いや、カメラのファインダーを覗く時の心得などの話を聞き、遊古館や生目古墳群史跡公園、その周辺で写真撮影をしました。日頃は気にとめない風景や物でもファインダーを通して見つめると、発見があったり、新しい魅力に気付きます。参加者たちは心惹かれ興味を持ったものにカメラを向けていました。




1日目の夜には写真の現像が仕上がり、芥川さんの講評を聞き、自分の中で熟慮した上で約30枚の写真の中から「これだ!」と思う写真を選び、2日目は前日の夜に選んだ写真を六つ切りサイズに拡大現像し、額装の作業と題名を決めるワークショップ。拡大されたことでより魅力が増しました。
最後には、あらためて芥川さんからそれぞれの作品の講評を聞き、参加者たちは自分でも気付かなかった個性や主張を発見していました。



ワークショップ終了後、
「この2日間で写真が身近なものに感じるようになった」
「これからも写真を撮りたい」
 という声が聞かれました。
この2日間の体験は参加した中学生にとって貴重な体験になったことでしょう。

参加した中学生の作品は、
現在、みやざきアートセンター(http://miyazaki-ac.com/index.html)で開催中の
『第34回宮崎市美術展』にて11月23日(月・祝)まで展示しています。
その後は生目の杜遊古館で展示する予定です。
みなさん、どうぞすばらしい作品をご覧ください。  


Posted by NPO法人みやざき子ども文化センター at 19:13Comments(0)その他のイベント

2009年11月10日

キッズゴスペル隊

宮崎市内の小学生で編成された『キッズゴスペル隊』。
月に3回程度、金曜日にみやざき子ども文化センターのEHILAイベントスペースで
練習をしています。
講師の岩切詩子さんの指導で、歌も振り付けもバッチリ!
聴いているだけで楽しくなるような歌声です。
これからコンサート出演の予定もあるかも・・・。



キッズゴスペル隊に参加したい子どもたちも募集しています!
詳しくは、みやざき子ども文化センターまでお問い合わせください。
TEL 0985-61-7590
FAX 0985-61-3635
HP http://www.kodomo-bunka.org  


Posted by NPO法人みやざき子ども文化センター at 10:56Comments(0)その他のイベント